blog スリープホームのブログ

睡眠時無呼吸症候群の危険性、知っていますか?

投稿日 :
2020-10-21 12:43:26
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

 いびきは睡眠時無呼吸症候群の兆候である可能性がありますが、それはすべての人に当てはまるわけではありません。 又、この睡眠障害は、太りすぎの年配の男性のためのものである、という誤った認識は今日限り捨ててください。

無呼吸症候群の方は、健常者と比べて寿命が4割弱縮ます可能性があることを知っていますか? 数年前の学会で報告されています。 3大成人病の影響のがあることが、大きな要因の一つとです。 

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状

 

過度のいびき

頭痛、口の乾き、喉の痛みで目が覚める

窒息や息苦しさからの覚醒

混乱や集中力の欠如

記憶喪失

慢性的な日中疲労

不眠症

体重増加

気分のむらやイライラ

 

睡眠時無呼吸症候群は、女性でも以下のような症状があるときは注意が必要です。

 

不眠症

酸の逆流

忘却

むずむず脚症候群

気分のむら、イライラ

不安や落ち込み

 

睡眠時無呼吸症候群は、性別、体重、体格に関係なく、様々な理由で様々な患者さんに発症します。太りすぎの患者さんは、睡眠中に喉の周りの脂肪組織が落ちてくることで気道が塞がれてしまうため、典型的には閉塞性睡眠時無呼吸症候群となります。

 

一方、患者は、呼吸を維持するために脳からの信号が失われてしまう中枢性睡眠時無呼吸(CSA)を持つことがあります。これは、患者が閉塞を持っているかどうかに関係なく発生する可能性があります。

 

また、患者の気道が適切な空気の流れのために狭すぎる可能性があります。 気道の筋肉がブロックしている可能性があります、彼らの顎が小さすぎるか、舌が口の中でかなり後退している可能性があり、また、気道をブロックする大きな舌を持っている可能性があります。

 

ライフスタイルの選択は、同様に睡眠時無呼吸症候群に貢献することができます。喫煙は上気道の炎症を増加させ、アレルギーや眠気を誘発する薬によるうっ血は寄与し、アルコールは空気摂取量の減少につながる軟口蓋周囲の筋肉をリラックスさせることができます。

 

医師の診察を受ける

 

睡眠時無呼吸症候群の症状は、幅広い患者の間で異なる症状を示す可能性があるということです。それは性別、いびき、体重とは無関係な可能性があります。あなたが慢性的な疲労、混乱、または他の睡眠時無呼吸症候群の症状を経験した場合、すぐ専門医の診断を受けるときです。 今日からあなたの人生を取り戻すために、適切な治療を受けるためのステップを踏み出すために、是非専門医師の診察を受けてください。

当方でも、CPAP/無呼吸症候群に関する件は、認定CPAP療法士が在中していますので、お気軽にご相談ください。

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ