blog スリープホームのブログ

睡眠時無呼吸が寿命を縮めているのを知っていましたか?

投稿日 :
2020-06-22 15:27:32
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

さてあなたは一人ではありません!

アメリカの例ですと、アメリカ睡眠時無呼吸協会によれば、2200万人のアメリカ人が睡眠時無呼吸に苦しんでおり、アメリカ心臓協会は、少なくとも5人に1人の成人が少なくとも軽度の睡眠時無呼吸に苦しんでいると述べています。これの証拠は、以前の投稿からわかるように、さまざまな方法で確認できます。症状は、日中の疲労、不眠、夜のいびき、頭痛、気分のむらなど、さまざまです。しかし、眠れないことに慣れている私たちにとって、これは大したことではないように思えるかもしれません。

「だから、もし私がいつも疲れているなら」と私たちは自分自身に言います。「睡眠不足が私を殺すことはありません!」この考え方の唯一の問題は、睡眠が少ないほど、実際に心に影響を与えるという科学が確実になったことです。

アメリカ心臓病学会、アメリカ睡眠医学アカデミー、さらにはアメリカ心臓協会でさえ、睡眠時無呼吸は心臓の状態と関連しています。AHAのサイトでは、睡眠時無呼吸は不整脈、高血圧、脳卒中、さらには心不全にまでリンクされていると述べています。実際、別の研究では、3070歳の男性成人が非常に彼らがすでに閉塞性睡眠時無呼吸を起こしている場合、脳卒中または心臓発作を起こすリスクが高い。特にいびきは、閉塞性睡眠時無呼吸の大きな兆候ですが、いびきだけが問題ではありません。中枢性睡眠時無呼吸(私の個人的な見解では、検出がはるかに困難であり、より有害である)は、いびきを通してわかりません。実際、閉塞性睡眠時無呼吸は体重が多い人の間でより一般的ですが、中枢性睡眠時無呼吸はすべての形とサイズで現れることがあり、これが問題です。

専門家は、睡眠時無呼吸は高血圧を引き起こし、逆もまた同様であることに同意します。それは健康問題の終わりのないサイクルになり、深刻な心臓合併症に近づきます。 高血圧の成人の3050%が睡眠時無呼吸になります。ほとんどの場合、睡眠時無呼吸または高血圧の場合、健康上の問題が一生続き、寿命が短くなるというデータがあります。

解決策はCPAP治療です。 CPAP治療に関して、ご興味があれば、当方フリーコール(0120-949-659)へいつでもお気軽にお問い合わせください。

 

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ