blog スリープホームのブログ

きれいさっぱり、いびきから自由になろう。 解放されよう!

投稿日 :
2019-11-04 12:09:39
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

いびきの書く人は70~80%が無呼吸症候群(SAS)にかかっています。

3070歳の成人男性の多くの方がすでに閉塞性睡眠時無呼吸があった場合、脳卒中または心臓発作のリスクが高くなります。特にいびきは閉塞性睡眠時無呼吸症候群の大きな兆候ですが、いびきだけが問題ではありません。中枢性睡眠時無呼吸(私の個人的な意見では、検出するのがはるかに難しく、より有害です)は、いびきをかくことによってめったに現れません。実際、閉塞性睡眠時無呼吸は体重過多の人の間でより一般的ですが、中枢性睡眠時無呼吸はあらゆる体形の人に現れる可能性があり、これは問題です。

専門家は、睡眠時無呼吸は高血圧を引き起こし、深刻な心臓の合併症の可能性指摘します。  統計学は、高血圧の成人の3050%が睡眠時無呼吸を起こすことさえ示しています。睡眠時無呼吸や高血圧があると、寿命が4割弱短くなります。

解決策は簡単ではないかもしれませんが、いくつか有ります。

1.    運動

運動は健康のあらゆる面で重要であり、睡眠時無呼吸の人にとっても非常に重要です。あなたが心肺機能を正常に活動させることは、あなたの心をも健康に保つという二重の利益をあなたに与えます。

2.    就寝前にアルコールを制限し、カフェインを避ける

夜遅くまで仕事をしている場合、または同じ仕事から帰宅したときにリラックスしたい場合は、お酒の代わりにカフェイン抜きのお茶を1杯飲むことをおすすめします。それにはたくさんの素晴らしい味があり、特にカモミールは夜遅く眠る時に効果があります。

3.    CPAPを入手する

これらすべてのオプションのうち、これが最も重要かつ効果の実証された治療です。CPAP、または持続的気道陽圧マシンは、夜間の呼吸を維持し、眠りを維持することで命を救います。心臓病のアメリカの大学は、治療が高血圧を下げることがあるとまで言っています。 ご質問がある場合はいつでもお気軽にお問い合わせください。

睡眠時無呼吸が共存しにくいことは、ほぼ普遍的な真実です。それは私たちを疲れさせ、予想以上に不機嫌にさせ、健康に影響を与えます。しかし、それは管理可能です!適切な生活の変化、医師との開かれた会話、CPAPにより、私たちは自分の生活と健康のコントロールを取り戻すことができます。 CPAPの購入をご希望の方は、当方ホームページの“資料請求”又は“お問合せ”からお問い合わせください。

 

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ