blog スリープホームのブログ

いびきと睡眠時無呼吸の関係

投稿日 :
2019-09-19 10:44:43
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

あなたのいびきはあなたの睡眠パートナーに多くの眠れぬ夜にしています。 いびきは睡眠時無呼吸の最も一般的な兆候の1つです。これは、一晩中繰り返し呼吸が停止および開始する潜在的に深刻な睡眠障害です。呼吸停止は数秒続くことがあり、深刻な場合、呼吸停止は1時間に30回以上発生することがあります。 アメリカでは約2,200が睡眠時無呼吸に苦しんでいます。

睡眠時無呼吸の最も一般的な形態は、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)として知られています。睡眠中に喉の後ろの筋肉が虚脱し、気道を塞ぐ状態。何かがおかしいという信号を脳が受け取ると、脳は部分的に覚醒して、呼吸する必要があることを体に警告します。これは、誰かが障害物を越えて戦うのに十分な深呼吸をしようとするときに、大きな喘ぎ、窒息、またはいびきの音を引き起こす原因です。睡眠時無呼吸は、高血圧、心臓発作、脳卒中、糖尿病のリスク増加と関連しています。 実際、最近の学会で、無呼吸を治療しない場合、健常者と比べて4割弱寿命が短くなるとの報告があります。(ご希望の方には詳しい資料を送付します。)

いびきをかきます。それは睡眠時無呼吸があるということですか?

ほとんどの人が閉塞性睡眠時無呼吸のいびきと診断されていますが、いびきをかく人全員が睡眠時無呼吸を持っているわけではありません。いびきだけでは、睡眠時無呼吸の指標とはみなされません。睡眠時無呼吸(OSA)の他の症状は次のとおりです。

  • 昼間の過度の眠気
  • 朝の頭痛
  • 睡眠中に断続的に呼吸が止まる
  • 頭痛や気分のむらがある
  • 夜間の頻尿
  • 目覚めたときの口の乾燥またはのどの痛み

いびきを引き起こす可能性がある睡眠時無呼吸とは別のいくつかの理由があります。これらには以下が含まれます。

  • 太りすぎ:太りすぎの人は、喉の後ろに余分な組織がある場合があります。
  • 身体的特徴:鼻ポリープ、中隔の逸脱、アデノイドの拡大。
  • 風邪、上気道感染またはアレルギーによる副鼻腔および鼻詰まり。
  • アルコール消費量:アルコールはのどの筋肉を弛緩させます。
  • 睡眠時の姿勢:仰向けに寝ると、喉の肉が弛緩して気道が詰まる可能性があります。

いびきが気になる場合は、医師に相談してください。又は彼または彼女はあなたの睡眠中の症状を評価し、睡眠時無呼吸があるかどうかを教えてくれます。 医師が疑う場合は、睡眠試験を受けることをお勧めします。睡眠時無呼吸と診断されるのは怖いですが、無呼吸の治療装置、CPAPを使うことにより、ほぼ100%無呼吸を解消でき、快適なライフスタイルを保証してくれるでしょう。

 

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ