blog スリープホームのブログ

女性の睡眠時無呼吸症候群の危険性、知っていますか?

投稿日 :
2019-08-22 18:12:42
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

睡眠時無呼吸は男性でより一般的で、以前の研究では、男性は女性よりも睡眠時無呼吸を起こす可能性が9倍高いことが示唆されていましたが、現在の推定では、男性は23しかありそうにないことが示されていますその後、女性が年をとり、更年期障害を経験すると、比率は11になります!

では、なぜもっと多くの女性が診断されないのか? 睡眠時無呼吸の症状は女性では男性と異なる症状の為、見落としがちになるからです。

男性は次のような一般的な睡眠時無呼吸症候群を示します。

·         大いびき

·         過度の疲労

·         頭痛または口渇で目覚める

·         咳、窒息、または息切れによる目覚め

·         過敏性

·         集中するのが難しい

女性にもはこれらの症状があるかもしれません。 しかし特に女性には次の無呼吸症候群の症状が出ています。 

·         不眠症 

·         酸逆流

·         物忘れ

·         むずむず脚症候群

·         気分のむら

·         不安またはうつ

重要:妊娠中の女性は、睡眠時無呼吸を発症するリスクが高く、高血圧、妊娠糖尿病、妊娠合併症のリスクを高める可能性があります。

また、閉経は女性が加齢するにつれて睡眠時無呼吸のリスクを高めます。なぜなら、エストロゲンが睡眠中の女性の呼吸方法を低下させ始めると、悪影響を受ける可能性があるからです。その結果、睡眠呼吸障害および閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)のリスクが高まります。

現在、これらの症状を経験している男性または女性が、治療を受けずに放置すると睡眠時無呼吸が次の深刻な健康状態につながる可能性があるため、すぐに医師の診断を受けCPAP治療が必要です。

·         高血圧

·         ストローク

·         心臓病

·         2型糖尿病

·         肥満

·         交通事故

·         喘息

 

 

 

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ