blog スリープホームのブログ

CPAPで風邪、インフルエンザの可能性があるって本当?

投稿日 :
2019-02-13 21:21:47
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

特に冬場、部屋を暖房で温めると、乾燥し、各種ウイルス、バクテリアの発生を促す環境を作り出します。 最悪肺炎になりかねません。 昔、私がCPAPを使用していたころ、大学病院の先生が、CPAPの患者に肺炎が少なくないと聞いたことがあります。 

風邪のウイルス他各種バクテリアを防ぐ予防として、CPAPにはオプションで加湿器、極微細フィルターがあります。 

 CPAPに専用加湿器があるのをご存知ですか? 

CPAPには各モデル専用の加湿器がオプションで用意されています。空気を温め湿度を最適に調整し空気とともに送風します。この暖かい湿度を含んだ送風が喉及び各器官の乾燥を防ぐ働きをします。極微細フィルターは標準のフィルターでは捕捉できない粒子類、ウイルス、バクテリアを捕捉します。 

それでは、実際のメリットをご紹介します。 

A.     加湿器のメリット/予防

✓鼻づまり

✓喉に乾き、イガイガ感

✓季節性アレルギー

✓鼻のはれ、ひりひり感

✓鼻の粘膜減少

✓くしゃみ

B.    極微細フィルターで捕捉可能な粒子他

✓風邪のウイルス

✓たばこの煙

✓各種バクテリア

✓各種花粉 

この2つのアイテムにより、以下の予防の効果が期待できます。 

  ◆風邪

  ◆インフルエンザ

  ◆花粉アレルギー

  ◆喘息 

極微細フィルターは12か月毎の交換で使い捨てです。 捕獲した粒子が満タンになるとそれ以上捕獲できないからです。標準フィルターとセットで使用します。 

当スリープホームではバクテリアに特化した更に強力なバクテリア除去フィルターもオプションであります。 尚、当社のCPAPはほぼ加湿器が標準で付いていますので、購入後すぐ加湿器が使用できます。 

PS.今月は、ホースクリップ他多数特典があります。又1カ月以内使用時間の浅い新古品に近い在庫も数台あります。ご興味のある方はお早めにお問い合わせください。

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ