blog スリープホームのブログ

ブログ 記事一覧

1~5件目 (38件中)

  • CPAP治療はどのように機能しますか?

    投稿日 :
    2020-08-20 16:40:32
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    睡眠時無呼吸がある場合、睡眠中に通常の呼吸のために気道を開いたままにしておくことは困難です。多くの場合、口腔内の軟部組織と喉は弛緩および/または虚脱し、気道を閉鎖します。これにより、呼吸が一時停止し、すべての臓器に必要な酸素を血流へ提供できなくなります。 あなたの脳が酸素の低下を感知すると、それがあなたを目覚めさせ、呼吸や覚醒のこれらの一時停止は、一部の人にとっては1時間に100回以上起こります

    記事を開く

    睡眠時無呼吸がある場合、睡眠中に通常の呼吸のために気道を開いたままにしておくことは困難です。多くの場合、口腔内の軟部組織と喉は弛緩および/または虚脱し、気道を閉鎖します。これにより、呼吸が一時停止し、すべての臓器に必要な酸素を血流へ提供できなくなります。

    あなたの脳が酸素の低下を感知すると、それがあなたを目覚めさせ、呼吸や覚醒のこれらの一時停止は、一部の人にとっては1時間に100回以上起こります。CPAPは、呼吸のこれらの一時停止が発生しないようにします。

    このCPAPは、マスクとチューブを介して、加圧空気を送り、喉や他の口腔組織がつぶれないようにします。閉塞を防ぐことにより、自由に呼吸でき、血中酸素濃度を正常に保ち、毎晩何度も目が覚めるのを防ぎます。

    マスクの着用に慣れるには少し時間がかかる場合がありますが、CPAPを使用すると多くの利点があります。CPAP療法利点の いくつかには、  より爽やかな睡眠、脳卒中のリスクの低下、血圧の低下、糖尿病の抑制に効果があります。

    CPAPは本当に機能しますか?

    はい、すべての証拠と患者の証言は、CPAPが睡眠時無呼吸の効果的な治療法を提供しているという事実を指摘しています。正しい設定、適切にフィッティングされた快適なマスク、そしてそれを定期的に使用することは、無呼吸症候群の症状を取り除き、快適な生活を送れます。

    記事を閉じる

  • 睡眠時無呼吸が寿命を縮めているのを知っていましたか?

    投稿日 :
    2020-06-22 15:27:32
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    さてあなたは一人ではありません! アメリカの例ですと、アメリカ睡眠時無呼吸協会によれば、2200万人のアメリカ人が睡眠時無呼吸に苦しんでおり、アメリカ心臓協会は、少なくとも5人に1人の成人が少なくとも軽度の睡眠時無呼吸に苦しんでいると述べています。これの証拠は、以前の投稿からわかるように、さまざまな方法で確認できます。症状は、日中の疲労、不眠、夜のいびき、頭痛、気分のむらなど、さまざまです。しか

    記事を開く

    さてあなたは一人ではありません!

    アメリカの例ですと、アメリカ睡眠時無呼吸協会によれば、2200万人のアメリカ人が睡眠時無呼吸に苦しんでおり、アメリカ心臓協会は、少なくとも5人に1人の成人が少なくとも軽度の睡眠時無呼吸に苦しんでいると述べています。これの証拠は、以前の投稿からわかるように、さまざまな方法で確認できます。症状は、日中の疲労、不眠、夜のいびき、頭痛、気分のむらなど、さまざまです。しかし、眠れないことに慣れている私たちにとって、これは大したことではないように思えるかもしれません。

    「だから、もし私がいつも疲れているなら」と私たちは自分自身に言います。「睡眠不足が私を殺すことはありません!」この考え方の唯一の問題は、睡眠が少ないほど、実際に心に影響を与えるという科学が確実になったことです。

    アメリカ心臓病学会、アメリカ睡眠医学アカデミー、さらにはアメリカ心臓協会でさえ、睡眠時無呼吸は心臓の状態と関連しています。AHAのサイトでは、睡眠時無呼吸は不整脈、高血圧、脳卒中、さらには心不全にまでリンクされていると述べています。実際、別の研究では、3070歳の男性成人が非常に彼らがすでに閉塞性睡眠時無呼吸を起こしている場合、脳卒中または心臓発作を起こすリスクが高い。特にいびきは、閉塞性睡眠時無呼吸の大きな兆候ですが、いびきだけが問題ではありません。中枢性睡眠時無呼吸(私の個人的な見解では、検出がはるかに困難であり、より有害である)は、いびきを通してわかりません。実際、閉塞性睡眠時無呼吸は体重が多い人の間でより一般的ですが、中枢性睡眠時無呼吸はすべての形とサイズで現れることがあり、これが問題です。

    専門家は、睡眠時無呼吸は高血圧を引き起こし、逆もまた同様であることに同意します。それは健康問題の終わりのないサイクルになり、深刻な心臓合併症に近づきます。 高血圧の成人の3050%が睡眠時無呼吸になります。ほとんどの場合、睡眠時無呼吸または高血圧の場合、健康上の問題が一生続き、寿命が短くなるというデータがあります。

    解決策はCPAP治療です。 CPAP治療に関して、ご興味があれば、当方フリーコール(0120-949-659)へいつでもお気軽にお問い合わせください。

     

    記事を閉じる

  • CPAPの最適なマスクを見つける方法

    投稿日 :
    2020-05-20 14:47:32
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    あなたの呼吸スタイルは、どのマスクがあなたのライフスタイルに最適かを決定します。鼻呼吸をしている場合は、鼻またはピロータイプ(鼻枕)マスクを選択します。 口呼吸される方、鼻が詰まりやすい方、鼻や口を組み合わせて呼吸する場合は、鼻と口を両方覆うフルフェイスマスクを試してください。 今、あなたはマスクスタイルがどのように機能するのか疑問に思っていますか? CPAPマスクには、顔全体、鼻枕、

    記事を開く

    あなたの呼吸スタイルは、どのマスクがあなたのライフスタイルに最適かを決定します。鼻呼吸をしている場合は、鼻またはピロータイプ(鼻枕)マスクを選択します。 口呼吸される方、鼻が詰まりやすい方、鼻や口を組み合わせて呼吸する場合は、鼻と口を両方覆うフルフェイスマスクを試してください。

    今、あなたはマスクスタイルがどのように機能するのか疑問に思っていますか? CPAPマスクには、顔全体、鼻枕、および鼻の3つの基本的なスタイルがあります。フルフェイスマスクは通常、鼻と口を覆います。鼻枕マスクは鼻は穴に差し込み直接空気を供給し、鼻マスクは鼻の穴から空気を供給します。

    CPAPマスクのクリーニング

    鼻と鼻枕タイプCPAPマスクを清潔に保つ方法: 細菌、ウイルスの蔓延を防ぐため、CPAPマスクを分解し、中性洗剤による洗浄(手洗い)、CPAP自動洗浄器SoClean2、除菌ティシュによるふき取りで毎日掃除する必要があります。。

    CPAPマスクを購入する際の考慮事項

    サイジングオプション: CPAPマスクはすべてに対応できるわけではありません。 標準では小、中、大のサイズで提供されますが、多くの場合ワイドでも提供されます。For Her(女性用)バージョンには、小柄な顔の形状に合わせて、Extra SmallSmallMediumのサイズがよくあります。マスクのサイズは、快適で安全なフィット感とシールを提供するために、顔のサイズと形状に合わせる必要があります。

    空気圧: 理想的な圧力設定は、CPAP療法のニーズに基づいて医師が決定します。ただし、圧力によって、どのマスクが最適であるかに影響を与える可能性があります。鼻マスクとフルフェイスマスクは、どちらも低い圧力から高い圧力まで対応できるため、最も柔軟な圧力を提供します。鼻枕マスクは、低から中程度の圧力で最もよく機能します。

    クッション素材: マスクのクッション素材は、あなたにとって最も快適なものでなければなりません。布、ジェル、またはフォームでできています。 すべてのマスクにはシリコーンクッション(顔に接触する部品)があり、柔らかな快適さ、柔軟性、就寝前の動きやすさを提供します。

    適切なCPAPマスクは、快適性を高め、CPAP治療の成功を向上させます。あなたのライフスタイルのニーズに最適なマスクを見つけることで、快適なCPAP治療を送ることができます。 

    最適なマスクの選択についてはCPAP購入時に当スリープホームのアドバイザーがマスクゲージで計測し、最適なサイズを見つけるお手伝いをいたします。 御不明な点があればお気軽に以下フリーコールへお問い合わせください。(0120-949-659)

    記事を閉じる

  • オートCPAP(APAP)対CPAP:オートCPAPを選択する理由

    投稿日 :
    2020-03-18 18:08:23
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    固定タイプのCPAP対オートCPAP(APAPと呼ばれている)に関しては、どちらが良いですか? すでに固定タイプのCPAPを知っている方でも、オートCPAPについて聞いたことはありますか? オートCPAPは手動で変更することなく、最適な圧力でを空気を気道へ供給してくれます。 オートCPAPとは何ですか? 自動的に空気圧を調整することができ、あなたが寝ている間に正しい圧力を供給してくれる。 こ

    記事を開く

    固定タイプのCPAP対オートCPAPAPAPと呼ばれている)に関しては、どちらが良いですか?

    すでに固定タイプのCPAPを知っている方でも、オートCPAPについて聞いたことはありますか? オートCPAPは手動で変更することなく、最適な圧力でを空気を気道へ供給してくれます。

    オートCPAPとは何ですか?

    自動的に空気圧を調整することができあなたが寝ている間に正しい圧力を供給してくれる。 このように、夜間に状況が変化し、より高い圧力が必要な場合、オートCPAPはユーザーからの入力を必要とせずに自動的に調整します。

    これらは、「自己調整CPAP」または「自動気道陽圧陽圧」装置と呼ばれることもあります。しかし、睡眠健康産業では、一般にAPAPまたはオートCPAPと呼ばれています。

    固定タイぷCPAPAPAPマシンの違いは何ですか?

    APAPCPAPマシンの主な違いは、空気圧の選択方法です。CPAPマシンは一定の圧力にあり、APAPは異なる圧力に自動的に調整します。APAPマシンとCPAPマシンの両方から供給される空気圧は、加圧空気の連続的な流れを供給して、喉が自然にふさがれないようにします。 継続的な加圧空気は、睡眠時無呼吸の人が一晩中自由に呼吸するのを助け、十分な休息をもたらします。

    それでは、CPAP療法の詳細を見ていきましょう。持続的気道陽圧法(CPAP)は、以前は睡眠時無呼吸治療のベスト治療器でした。 固定タイプCPAPは、気道が塞がって無呼吸イベントが発生するのを防ぐ為、加圧された空気の連続した安定した流れを供給します。

    それで、両者がほぼ同じことをするなら、なぜあなたはCPAPよりもAPAPが必要なのでしょうか?

    今日あなたにとって正しい圧力は、明日あなたにとって正しい圧力ではないかもしれません。時間が経つにつれて、私たちの体は変化します。治療を成功させるには、定期的に機械の圧力増減する必要があります。ライフスタイル、1年で変化する体重、または夜の変化でさえも、治療中に何度か圧力を調整する必要があるかもしれません。必要な圧力に自動的に調整するデバイスがあると便利です。これらの自動CPAP圧設定機能がオートCPAPの特徴です。

    ただし、APAPCPAPの決定要因はコストです。APAPマシンは、CPAPマシンよりも約3万円前後も高くなる可能性があります。多くのお客様にとって、APAPマシンの快適さと利便性に対価を支払うのは少額ですが、APAPマシンのコストが障壁になる場合もあります。

    なぜAPAPマシンがあなたにとって良いのか?

    APAPマシンとCPAPマシンのどちらを使用するかを決定する際に、考慮すべき事項がいくつかあります。

    APAPは必要に応じて、APAPCPAPとして使用できます。

    APAPマシンはCPAPモードに設定することもできます。 就寝中に呼吸が変わった場合、自動で空気圧を調整します。ほとんどの人は一晩中同じ呼吸パターンを持たず、APAPはあなたのニーズに合うように調整します。

    又、喉の病気の場合、APAPが役に立つことがあります。風邪をひいたりアレルギーにかかったりすると、気道が充血したり、呼吸が困難になることがあります。風邪は誰にでも起こりますが、通常よりも喉が充血している場合に自動的に気道を適切に確保するよう調整できるAPAPがあると、効果的です。 

    従って、現在では8割以上の方がオートCPAPで治療されています。 オートCPAPの最適モデル、詳細にご興味があれば、HP右上の資料請求又は問い合わせからメールしてください。

     

     

    記事を閉じる

  • 冬、CPAP療法でより快適に!

    投稿日 :
    2020-02-04 18:17:04
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    夏の間は、空気中の湿度が高くなり、気道がより快適になるため、CPAP療法が楽になります。しかし、秋と冬の間、空気は乾燥し、気道の不快感、鬱血、風邪やインフルエンザの症状のリスク増加につながります。しかし、これは寒い中で睡眠時無呼吸に苦しむ必要があるという意味ではありません。冬の間CPAPを快適にする方法があります。 冬にCPAP療法をより快適にするため加湿器を使用する 冬の乾燥に対抗する最も効

    記事を開く

    夏の間は、空気中の湿度が高くなり、気道がより快適になるため、CPAP療法が楽になります。しかし、秋と冬の間、空気は乾燥し、気道の不快感、鬱血、風邪やインフルエンザの症状のリスク増加につながります。しかし、これは寒い中で睡眠時無呼吸に苦しむ必要があるという意味ではありません。冬の間CPAPを快適にする方法があります。

    冬にCPAP療法をより快適にするため加湿器を使用する

    冬の乾燥に対抗する最も効果的な方法は、加湿器付きCPAPを使用して、CPAPマシンを通過する空気に水分を追加することです。これにより、鼻づまり、腫れ、乾燥を緩和して、より快適に使用できるようになります。多くの加湿器には、湿気の熱と量を個人の好みに合わせて調整できます。

    実際には、いくつかの異なるタイプのCPAP加湿器から選択できます。

    加熱加湿器 –このCPAP加湿器は、熱を使用して水を温め、気流に加えます。水は、熱を調整して空気中の水分量を決定できます。

    CPAP専用/ビルトイン加湿器 –加湿器チャンバーは、専用に設計されたCPAPに直接接続します。通常、他のCPAPには適合しません。 現在ほとんどのCPAPがこのタイプです。 簡単に掃除するために取り外すことができます。

    スタンドアローン加湿器 –この加湿器は、CPAP加湿器が内蔵または内蔵されていない限り、どのCPAPでも使用できます。CPAPに接続し、周囲の室温/湿度に応じて湿度を調整します。

    室内加湿器 –室温の水を使用して空気に水分を追加します。水や空気を加熱しないため、空気中の温度や水分量を増やすことは困難です。部屋の温度が下がると、空気中の水分の温度も下がります。

    CPAPチューブ内の結露を避ける

    ただし、加湿器は結露のリスクを高めることに注意してください。これは、CPAPを通過する空気の温度が部屋の温度よりも高い場合に発生します。暖かい空気はより多くの水を保持できるため、空気の温度が下がると水滴が落ち、チューブにたまることがあります

    CPAP治療中にCPAPマスクに水がかかったり、顔に水滴が落ちる場合は、CPAP結露が原因です。幸いなことに、この結露を以下の方法で簡単に防ぐことができます。

    CPAPの結露を防ぐ方法:

    ·         睡眠中は、CPAPチューブを頭よりも低く保ちます。

    ·         寝室の温度を暖かく保ちます。

    ·         オプションの加温チューブを使用して、安定した温度と湿度レベルを維持します。(当方で取り扱いしています。興味のある方はご連絡下さい。)

    ·         CPAPチューブをチューブカバーで覆うか、毛布の下に置いて保温します。

    ·         以下の結露防止のオプション部品を使用する

    -加熱チューブ:加熱CPAPチューブをデバイスに接続して、通過する空気を加熱できます。 加湿器と併用した場合、空気に水分を追加できます。

    -チューブカバー:CPAPチューブ布製カバーで多い通過する空気の温度を適温に保つ。

    上記商品はどちらも当方で扱っています。ご興味のある方は右上のお問い合わせから、問い合わせください。

    寝室を暖かく保つ

    寝室を快適に保つことも有益です。これにより、CPAPデバイスを通過する周囲温度がより高くなります。:

    ·         暖房器具を使用する。

    ·         ファンをオフにします。

    ·         寝室のドアと窓を閉めておく。

    ·         暖かい毛布とシーツを使用して、CPAPチューブを暖かく保ちます。

    病気の際にCPAPを使い続ける 

    寒い季節には、人々は屋内の狭いスペースで互いに近づきます。その結果、細菌が広がり、風邪やインフルエンザが横行します!息苦しくて鼻が詰まるときは、快適さと安らぎを求めてCPAPを使いたくないかもしれません。しかし、CPAPは実際に気分が良くなるのに役立ちます

    睡眠時無呼吸療法を行わない場合、免疫系が病気を追い出すために必要となる休息を取ることができません。代わりに、あなたは疲れ、痛みを伴い、以前よりも気分が悪くなることさえあります。

    また、CPAPは粘液の分解、鬱血、のどの痛みを和らげるのに役立ちます。

    しかし、病気になったらフルフェイスマスクに切り替える必要があるかもしれないことを覚えておくことが重要です。鼻が詰まっている場合、フルフェイスCPAPマスクは、体を休めるのに必要な酸素を供給できます。(当方で取り扱っていますのでご相談ください。)

    記事を閉じる

1~5件目 (38件中)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ