blog スリープホームのブログ

睡眠時無呼吸の神話と誤解

投稿日 :
2018-07-26 11:33:37
カテゴリ :
ブログ
WRITER :
管理者

睡眠時無呼吸の神話と誤解 (1)


睡眠時無呼吸は、継続的陽性気道内圧(CPAP)のような治療を必要とする一般的な病状である。これらの事実にもかかわらず、睡眠時無呼吸の影響を受けるほとんどの人は、診断されていないか、または治療を求めていない。患者が寝入った後のいびきや呼吸障害パターンのような睡眠時無呼吸の兆候を多くの患者は、問題を認識していません残念なことに、睡眠時無呼吸症患者と効果的な治療との間の障壁は、無知または誤報である。睡眠時無呼吸症候群とCPAP療法についてよく知られている誤解は、人々が誤って潜在的な患者ではないと信じさせたりします。 
今回と次回で、睡眠時無呼吸に関する最も一般的な神話や誤解のいくつかを説明します。

神話#1:肥満または過体重の人だけが睡眠時無呼吸症候群


睡眠時無呼吸症は肥満および過体重の集団だけではありません。平均以下の体重の人も、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)に苦しんでいます。体重ではなく年齢は、OSAを開発する上で最大の要因である可能性が高い。ほとんどの睡眠時無呼吸症候群は中年に診断され、筋緊張の自然な低下が気道閉塞に寄与してOSAの閉塞を引き起こす。気道閉塞は、狭い鼻孔または体重に関係しない他の神経系の問題によっても引き起こされる可能性がある。しかし、肥満と睡眠時無呼吸との関連があります。肥満はOSAの認識された危険因子であり、体重の増加はしばしば症状の重症度のと相関する。

神話#2:男性だけが睡眠時無呼吸になる


成人集団における臨床的に重要な睡眠時無呼吸の有病率は、10〜25%と推定される。男性は閉塞性睡眠時無呼吸症候群と診断されるが、すべての年齢の男性と女性に同様の割合で影響を及ぼす(子供も同様)。閉経後の女性では、睡眠時無呼吸の発生率は同じ年齢およびBMIの男性よりわずかに低い。睡眠時無呼吸症は男性と女性で異なる傾向があり、男性はいびきや過度の眠気を経験し、女性は不眠症のような症状を呈します。症状は変わるかもしれませんが、女性はかなりの割合で睡眠時無呼吸を経験しますが、男性よりもはるかに高い割合で診断が行われません。 

神話#3:病院または睡眠研究室での晩夜の検査が必要です


人々は医者に行くのが好きではありません。不安の一部は、睡眠研究を受けなければならないという知識です。かつて、これらの検査は一晩泊まりで病院内で行われましたが、大部分は現在、自宅で、または外来睡眠クリニックで行われています。あなたの人生の最善の夜ではありませんが、ほとんどの患者は、結果が期待したほど悪くないことを発見します。それどころか、一部の患者にとって、最初のCPAP睡眠検査は、彼らが何年も欠けていた安らかな睡眠の夜を経験する事があります。 

現在、OSAを有する疑いのある患者の大半は、簡単な簡易検査、ホームスリープテストを受けられます。 近くの睡眠外来クリニックで、手軽に気兼ねなく、あなたが受けたい検査を受けてください。 

神話#4:CPAPマシンは大きくて大きなものです


CPAP療法がより主流になるにつれ、消え去りつつある誤解があります。遠い過去には、初期のCPAPマシンはかなり大きく、かなり大きかった。CPAP療法自体は比較的まれな治療法であり、過去数十年になるまで広く受け入れられていませんでした。近年、その認識は劇的に変化しました。ほとんどの人がCPAPマシンを持っている人を知っているか聞いたことがあります。小さくて静かなCPAPマシンにきっと驚かされるでしょう。最新のCPAPマシンは静かでコンパクトで効率的です。また、手のひらスマホサイズのCPAPもありますので簡単にバッグに入れて旅行するのにも便利です。 

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ