blog スリープホームのブログ

いびきを止める13の方法

投稿日 :
2018-02-27 16:23:11
カテゴリ :
NEWS
WRITER :
管理者

 

いびきは危険ですか?

いびきは一般的であり、常に深刻ではないですが、睡眠の質を損なう可能性があります。

いびきをかく人は、昼間の眠気、高血圧、糖尿病、および肥満を含む要因が重なっている状態が

一般的です。睡眠時無呼吸からのいびきは異なります。

 

いびきを止める13の方法

あなたのいびきがあなたのパートナーの休息を中断していることを認識しており、かつあなたが今睡眠時無呼吸でない人のために、ここではいびきを和らげるためのいくつかの方法を紹介します:

  1. 良い睡眠衛生を実践する:良い睡眠衛生には、安らかな睡眠に貢献する一連の習慣が含まれています。就寝前にアルコール、カフェイン、ストレスの多い状況を避けてください。ストレッチ、呼吸、ヨガなどのストレス解消活動を実践することを検討してください。
  2. 十分な睡眠を取る:推奨される7〜9時間眠ると、いびきを抑えることができます。
  3. 睡眠薬を避ける: 鎮静剤は、あなたの喉の筋肉を含む中枢神経系をリラックスさせます。リラックスした喉の筋肉はあなたの気道を塞ぐことにつながります。
  4. 開いた鼻の通路:私たちの多くは、特に寒い月にアレルギーや風邪を経験します。鼻道を開くことはいびきを減らすことができます。これを行う1つの方法は、水分が鼻の通路を開くことを可能にする、ベッドの前に暖かいシャワーを取ることです。鼻で開けると鼻が開いていて、いびきの可能性が低くなります。
  5. 水分補給状態:あなたの体が適切に水分補給されると、あなたの鼻の分泌物は粘性が高く粘着性が低くなります。脱水によりこれらの分泌物が粘着性になると、いびきがはるかに起こりやすくなります。医学研究所によると、健康な女性は1日に11カップの水を飲むべきであり、健康な男性は十分に水分を保つために約16カップが必要です。
  6. 加湿器を使用する:乾燥した空気は、鼻と喉の膜を刺激する可能性があります。腫れた鼻の組織が問題であれば、加湿器が助けになります。
  7. あなたの枕を変える:枕は、いびきを引き起こすアレルギー反応を引き起こす可能性のある塵塵を集めます。これは、6ヶ月ごとに枕を交換することによって防ぐことができます。その間に、2週間ごとに15分間乾燥機に枕を置くことをお勧めします。
  8. あなたの睡眠のポジションを変える:仰向けで寝ると、柔らかい口蓋の口元がお互いに崩壊し、いびきを引き起こす可能性が高くなります。仰向けで寝るのを避ける最善の方法は、あなた自身が横向き側で寝ることです。抱き枕を使ってこれを行うのも一つの方法です。いくつかの専門家は、パジャマの裏側にテニスボールをテーピングして背中を転がしないようにすることを推奨していますが、この方法は誰にでも当てはまるとは限りません。夜間のいびきが持続する場合は、閉塞性睡眠時無呼吸をCPAPで治療する方法が最良のアイデアかもしれません。
  9. 体重を減らす:あなたが最近体重が増えたが、体重増加の前にいびきを感じなかった場合、減量はいびきを軽減するのに役立ちます。首周りの体重増加は気道の圧迫を増加させ、ひどいいびきの主な原因となります。減量はこの余分な脂肪を排除してくれます。
  10. 食べ物に気を付ける:大きな食事や大豆や乳製品などの特定の食品は、いびきを悪化させることが示されています。フェヌグリークとスペアミントは、酸を減らすことによって消化を助けることができる2つのハーブです。
  11. アルコールを避ける:アルコールと鎮静剤は、いびきの原因となる喉の後ろの筋肉をさらに軟化させます。就寝前4~5時間はアルコールを避ける。
  12. 喉の筋肉をほぐす:あなたの喉の筋肉をほぐ為、1日20分歌うと、効果があります。又は1日に数回大声で各母音を繰り返します。
  13. あなたの鼻の構造的な問題を修正してください: 鼻孔の間の壁の曲がり又は変形、ずれを修正する必要がります。

(原典:CheapCPAPSuppliesのブログより)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ