blog スリープホームのブログ

ブログ 記事一覧

6~10件目 (20件中)

  • 睡眠時無呼吸を自己治療によって治す弊害

    投稿日 :
    2018-06-21 14:44:49
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者は80%が未診断のままであるため、自己治療で治っていると勘違いしています。 実際には睡眠障害にかかっているのですが、ほとんどの症状が睡眠中のため、気づいていないのです。 従って、適切な治療を探すのではなく、睡眠薬、アルコールの援助に頼り、より良い睡眠をとろうとします。 しかし、そのすべてがSASを悪化させる可能性があります。 アルコールによる弊害 就寝前のア

    記事を開く

    睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者は80%が未診断のままであるため、自己治療で治っていると勘違いしています。 実際には睡眠障害にかかっているのですが、ほとんどの症状が睡眠中のため、気づいていないのです。

    従って、適切な治療を探すのではなく、睡眠薬、アルコールの援助に頼り、より良い睡眠をとろうとします。 しかし、そのすべてがSASを悪化させる可能性があります。

    アルコールによる弊害

    就寝前のアルコールは睡眠を害する恐れがあります。睡眠開始潜伏期はあなたの睡眠サイクルを調整し適切な睡眠とレム睡眠が得られます。 しかしこのサイクルが中断すると深いレム睡眠を得られず、簡単に目を覚ますことがあります。 アルコールは酸性の利尿剤のため、夜間に頻繁に目を覚ますことがあります。 又中枢神経機能低下剤でもあり、脳を鈍化させ、喉、軟口蓋、舌などの呼吸に関する筋肉を弛緩させます。その結果、気道が閉塞しSASを悪化させます。

    睡眠薬

    眠れない? まあ、それを防ぐ丸薬があります。より早く眠るのに役立ついろいろな薬があります。 但し、注意して使用する必要があります。この薬は副作用も多く、疲労、眠気、および作業中の判断の障害を引き起こす可能性があります。又、これらの薬は体をリラックスさせるので、呼吸の原因となる筋肉をリラックスさせます。あなたの柔らかい口蓋、喉、舌は後方に倒れ、気道を閉塞させます。 その結果、あなたの睡眠時無呼吸が悪化します。

    アルコール/睡眠薬などの睡眠補助剤が、以前よりもつかれて目を覚ます可能性があることを覚えておいてください。 いびき、日中の異常な眠気がある方は、簡単で自宅でできる簡易検査を受け、睡眠時無呼吸症候群のCPAP治療が必要かどうかを今すぐ確認してください。 CPAP治療は、睡眠時無呼吸治療において、最も成功した治療法であり、品質の高い睡眠と安静を得られる、唯一の治療法であることを覚えておいて下さい。 更に無呼吸をほっておくと、健常者と比べ約4割寿命が短くなるとの学会の報告があります。

    僕のHPサイト、http://www.cpap-sleephome.jpの”輸入代行の流れ”のタグに簡易/精密検査を受けられる医療機関を検索できるサイトが載っていますので、ご自宅の近くの睡眠外来又はクリニックで、今すぐ検査を受けることをお勧めします。

    CPAP治療で質の高い睡眠と快適な生活を一日も早く手に入れてください。 僕のサイトでは、皆さんにCPAP治療の導入のお手伝いをさせていただきます。

     

    記事を閉じる

  • ダイエットで睡眠時無呼吸治療になるって本当ですか?

    投稿日 :
    2018-05-18 17:07:46
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    無呼吸で掛かりつけの医師から、ダイエットしてくださいと、よく言われたのは僕だけではないはずです。果たして本当にダイエットで効果がるのか、今回いろいろと独自に調べた結果をみなさんと共有できれば思い書きました。 肥満 - 睡眠時無呼吸との関係 睡眠時無呼吸症候群のために太りすぎる必要はありませんが、肥満とこの肥満状態に強いつながりがあります。言い換えれば、睡眠時無呼吸症候群の患者の80%までが、医

    記事を開く

    無呼吸で掛かりつけの医師から、ダイエットしてくださいと、よく言われたのは僕だけではないはずです。果たして本当にダイエットで効果がるのか、今回いろいろと独自に調べた結果をみなさんと共有できれば思い書きました。

    肥満 - 睡眠時無呼吸との関係

    睡眠時無呼吸症候群のために太りすぎる必要はありませんが、肥満とこの肥満状態に強いつながりがあります。言い換えれば、睡眠時無呼吸症候群の患者の80%までが、医師によって過体重または肥満とみなされています。

    減量は睡眠時無呼吸の治療法ですか?

    研究は、体重を減らすことが、睡眠時無呼吸症候群を軽減するために、または睡眠時無呼吸症を完全に治癒させるためにできる最良の1つであることを示しています。スウェーデン研究では、低カロリー食(500カロリーを正確に)に参加させることで、参加者は平均24ポンドを失い、睡眠時無呼吸症状の重症度は58 %に激減!

    1年後に同じ参加者を確認したところ、48%がCPAPマシンを使用する必要がなく、10%が効果的に睡眠時無呼吸を治癒させたことが明らかになりました。さらに、この研究では、参加者の数が減少するにつれて、睡眠時無呼吸症状も改善されることが示されました。

    睡眠時無呼吸時の体重減少の問題

    体重を減らすことは平均的な人にとっては難しく、残念なことに、睡眠時無呼吸症候群の場合は更に2倍難しくなります。実際には、余分な体重が最初の睡眠時無呼吸の原因であっても、睡眠時無呼吸症を患う人は余分な体重を減らすことがより困難です。

    その理由は、睡眠不足があなたの代謝を遅くすることがあり、その日に食べるカロリーを燃焼させるのを困難にするからです。同時に、多くの太りすぎや肥満の人には、「メタボリックシンドローム」と呼ばれるものがあります。これは、インスリン抵抗性、耐糖能異常、高血圧の特徴があります。これらの要因の組み合わせは、あなたの体を脂肪燃焼の機械ではなく脂肪貯蔵にします。

    その間に、あなたの無呼吸を適切に治療する

    これは、野菜、果物、脂肪の少ないタンパク質を多く食べるだけで体重を下にシフトさせるには不十分であることを意味しています。あなたが睡眠時無呼吸症候群を抱えていて体重を減らそうとしているなら、あなたはCPAP療法をすべきです。(あなたがCPAPマシンをまだ使用していない場合)。あなたの体に夜間に酸素を供給することで、必要な睡眠を得、健康な体重を得るためのホルモンのバランスをとるのに役立ちます。また、安らぎを感じると、運動するエネルギーも増えます。

    全体的に、あなたが覚えておく必要があるのは、体重を減らすことがあなたの睡眠時無呼吸を治療する重要な要素であるということです。しかし、体重を落とす努力の中で食事を犠牲にさせないでください。持続可能で恒久的な減量の鍵は、新鮮でバランスの良い食品を組み込んだゆっくりとしたライフスタイルの変化です。

    記事を閉じる

  • 睡眠障害とアルツハイマー病

    投稿日 :
    2018-04-24 19:14:03
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    睡眠障害とアルツハイマー病 呼吸を一時停止する呼吸低下のために、睡眠時無呼吸の人は夜間に数回を覚します。閉塞性睡眠時無呼吸は男性10人中3人、女性5人中1人に発生します。研究者らは、歯科用器具またはCPAP装置で睡眠障害を治療することは、認知症のリスクを低下させるか、進行を遅らせるのに役立つ可能性がある事を報告しており、これは、予防の希望があることを意味し、これらの症状を管理することができます!

    記事を開く

    睡眠障害とアルツハイマー病

    呼吸を一時停止する呼吸低下のために、睡眠時無呼吸の人は夜間に数回を覚します。閉塞性睡眠時無呼吸は男性10人中3人、女性5人中1人に発生します。研究者らは、歯科用器具またはCPAP装置で睡眠障害を治療することは、認知症のリスクを低下させるか、進行を遅らせるのに役立つ可能性がある事を報告しており、これは、予防の希望があることを意味し、これらの症状を管理することができます!

    CPAPがどのように役立つか

    CPAPは一晩中あなたの眠りを妨げることなく、睡眠を安定に保ちます。長期的には、CPAPを使用することで、アルツハイマー病に至る症状を防ぐことができます。アルツハイマー病は「ステージ1またはステージ2(睡眠サイクル)にからの窒息またはいびきなどを開始し、目覚めることを、何度も何度も繰り返します。これは脳に悪いアミロイドを蓄積させているかもしれない」メイヨークリニックアルツハイマー病研究センターのディレクター、およびMayo Clinic Study of AgingのRonald C. Petersenは語っています。 CPAPはこのいびき、繰り返し目覚める覚醒を防ぐ役割をするので、予防効果に期待されています。

    記事を閉じる

  • 無呼吸で寿命が4割弱短くなったら、どうしますか?

    投稿日 :
    2018-03-29 18:46:41
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    無呼吸症候群のリスク 意外と知られていないのが、無呼吸症候群をほっておくと、健常者と比べて4割弱寿命が短くなると、学会で報告されています。3大成人病に影響するからです。 あなたが睡眠時無呼吸と診断されたら、次のステップは、CPAPマシンとマスクでセットで所有することです。これらの新しいライフスタイルの変化は、最初は脅威に見えるかもしれません。しかし、ちょっとした時間と忍耐があれば、あなたはCP

    記事を開く

    無呼吸症候群のリスク

    意外と知られていないのが、無呼吸症候群をほっておくと、健常者と比べて4割弱寿命が短くなると、学会で報告されています。3大成人病に影響するからです。

    あなたが睡眠時無呼吸と診断されたら、次のステップは、CPAPマシンとマスクでセットで所有することです。これらの新しいライフスタイルの変化は、最初は脅威に見えるかもしれません。しかし、ちょっとした時間と忍耐があれば、あなたはCPAP療法とそれから得られるメリットに驚くことでしょう。CPAP治療のためにまず必要となるのは、新しいCPAPマシンマスクを選択することです。スリープホームは専門の認定CPAP療法士があなたのニーズに合った大きなCPAP/マスクを無料で個別相談/アドバイスします。

    CPAPに慣れる方法

    CPAPに慣れる最善の方法はそれを使い始めることです。あなたのマスクに慣れるための1つの方法は、ベッドの前に毎晩数時間それを着けることです。CPAPマスクはあなたの視界を妨げませんので、本を読んでいるときやテレビを見ているときにそれを試してみてください。あなたが目を覚ましている間、毎晩少しずつ身に着けて、あなたの体にマスクの感触を覚えさせれば、ずっと楽にCPAPで眠る準備ができてきます。

    CPAPの効果

     

    スリープホームで最適なCPAPとマスクを選択し、毎晩4時間以上使用すれば、快適な日常生活が送れるでしょう。以下のような症状から解放されます。

      ◆昼間の異常な眠気

      ◆朝頭が重い

      ◆いびき

      ◆朝喉が異常に乾く

      ◆居眠り運転

      ◆集中力低下

      ◆全身倦怠感

       その他多数。

    CPAPは使用するほど使い慣れていきます。調整、データの見方等購入後も当方独自サポート体制で教えますので、安心してご自身で管理できるようになります。24時間サポートします。

    無呼吸症候群と診断されたら、すぐ、右上の問い合わせから始めましょう!

    記事を閉じる

  • 「相談してよかった!」

    投稿日 :
    2018-02-27 15:39:08
    カテゴリ :
    ブログ
    WRITER :
    管理者
    この記事のURL

    「相談してよかった」 そう言っていただけるように購入後全力でサポートします。特に以下のような方に僕の所のカスタマーケアーシステム が最適です。是非購入後活用ください。 このシステムは無料で、僕のところで購入した方全員にCPAPの保証と合わせて このサービスがついています。  >購入後、操作がわからない。     ->100%操作ができるまで、電話越しにサポートす。  >不具合原因、対処方

    記事を開く

    「相談してよかった」

    そう言っていただけるように購入後全力でサポートします。特に以下のような方に僕の所のカスタマーケアーシステム

    が最適です。是非購入後活用ください。 このシステムは無料で、僕のところで購入した方全員にCPAPの保証と合わせて

    このサービスがついています。

     >購入後、操作がわからない。     ->100%操作ができるまで、電話越しにサポートす。

     >不具合原因、対処方法がわからない  ->電話での対応が難しい場合、訪問の上アドバイス、解決します。

     >修理サービス費が高い。       ->リーズナブルなお見積りをいたしまs。

     >自分の治療データが知りたい。    ->データを見方が当方作成のマニュアルに書いてあります。

     >CPAPによる副作用。         ->当在中認定CPAP療法士がいつでも相談に乗ります。

     >質問、相談             ->24時間以内に回答します。

    京都にいるので、毎週座禅道場に通っています。 意外とはまります。 お坊さんも毎回変わって最後に法話をしてくれます。先日のお坊さんは法話の初めに、自分が若いころ座禅修行中に、ほんとによくたたかれた。そのわけは座禅しているとすぐ落ちる(眠る)ので、何回もたたかれたそうです。 あまりにも眠くなるので病院に行ったところ無呼吸とわかり、CPAPを使用してから、眠気が改善したといってました。 こんなえらいお坊さんでも無呼吸はあり、CPAPが活躍しているの聞いて、ちょっとびっくりしました。今度会ったら、CPAPの購入を勧めてみようかな、などと座禅中に思ったりしているようでは、僕もまだまだ心の修行ができていないと反省した次第です。

     

     

     

    記事を閉じる

6~10件目 (20件中)

検索

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ